CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
CONTENTS
ARCHIVES
CATEGORIES
桂文我独演会
今年もよろしくお願いします!

新年も2週間が過ぎた殿様の月命日…
四谷まで
上方落語の桂文我師匠が大阪、名古屋、京都で好評を博したという独演会
「忠臣蔵」
を、観に行ってまいりました。







「くすぺでぃあ」にもございます古典落語の忠臣蔵

落語の忠臣蔵モノと言うと歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」の部分が物語の中に入り込んでくるパターンがたいがいなのだが、本公演は大序から討ち入りまでが要素になってる落語をあれこれ全段揃えて朝10時半から16時45分まで熱演で披露してくださった稀有な内容となっております。
そもそも師匠はゲストを呼ぶ以外前座も出てこないぶっ通しの独演会をちょいちょいおやりになるようだ。大変な研究家で著書も多数。
東京の落語家についても大変お詳しく、桃中軒雲右衛門のモノマネも飛び出すなど、東西演芸のデパートのような人である。

貴重な文化の発掘作業に大満足でしたが、東京・紀尾井小ホールではお客さんの入りはボチボチ。
忠臣蔵落語を楽しむにはまず仮名手本忠臣蔵がデフォで入ってないと面白くないネタのオンパレードとなれば、相当お客層を選ぶ会なのかも。

飲み食い一切まかりならんという会場で、こういう内容だと、落語会というより研究会みたいでちょっと堅苦しかった印象も。


ともあれ「全段」とは言うもののお話ごとに世界観やギャグセン、ボリュウムなどがバラバラなので各話をアレンジし、ひとつのパッケージとして構成して、たったおひとりでまっとうする体力とおこころざしにただただ感服。
一つの話が終わるごとに幕が下り、そのつど衣装を変えておはなしくださった。

品の良い丁寧なパフォーマンスのおかげでたいへん気分良い居心地でございました。


以下ネタバレ(セトリ)。
(良し悪しうんぬんではなく、確認のためメモる)


大序(田舎芝居)
烏帽子にハチが飛び込むのは手作りの烏帽子のにかわを乾かすためではなく、汗で湿ったから乾かしたというシンプルな経緯になっている。
芝居が進むが四段目の切腹の場をしつらえる諸氏がイノシシ役と飲んだくれてサボって出てこないので(芝居小屋の周囲にで店が出ている設定になっている)、楽屋でなんの役もついてなかった村人が「諸氏をやれ」と急に言われてシシと勘違いして舞台に飛び出して判官を追いかけ回す構成になっている。
「ご領分の殿様に挨拶に来ただなあ」
というオチ。


二段目(芝居風呂)
本蔵ファンと由良之助ファンの喧嘩のバージョン。
二段目の芝居の抜粋はほかの噺に出てくる抜粋より思い出しながら演じてる感じがいたしました。
圧倒的に演じる機会がないのだと思います。
「わしの着物は」「二段目じゃーい」


三段目(質屋芝居)
質屋のあるじと従業員が芝居ごっこに興じて客がほったらかしになる噺だが、「二段目(芝居風呂)」のときと打って変わって師匠の芝居の再現がスムーズで、それはそれで結構なのだが逆に「素人の質屋が演じている」というニュアンスは消えている。
「四段目(蔵丁稚)」が上演の機会が多いので比較しやすいが、師匠方が「素人が芝居の真似をする」という場面をどう演じるかはさまざまで興味深い。
いかにも素人っぽくやるか、そこそこちゃんと師匠方がマスターした芝居場面を披露するか…
個人的には、ちゃんと再現するより落語の登場人物がヘタクソに演じてたほうが滑稽でいいんじゃないかとも思う。


「立体紙芝居」ゲスト桂米平師匠
紙芝居にいろんなパーツを足したり動かしたりしてバカバカしく忠臣蔵をおはなしする。
昔はコレをやってた師匠方も少なくなかったそうだが、手間がかかる割にウケない(笑)ということで、米平師匠のこの珍芸は天然記念物。


<仲入り>


四段目(蔵丁稚)
ここでも芝居好きの子供の真似事というより、けっこうちゃんと四段目の部分を再現されている。


五段目(吐血)
「今日は吐血で死ぬのだ」のサゲ。
噺の序盤に出てくる勘平ばかりがズラリと並ぶギャグのオチは「観兵式」ではなく、「ズラーっと並んで片手に盃持ってカンペーイ!」になっていた。
露の五郎兵衛(2nd)と桂文我(3rd)も定九郎と与市兵衛のコントを得意としたそうです。


<<午前の部・終了。午後別料金で客入れ替え>>


六段目(片袖)
ラストにほんのちょっぴりだけチョボが出てくるハナシだが、御免なさい。そこ以外眠ってしまいました。
そもそも陰気臭い内容でございます。


七段目
これはもう有名なオハナシでして、六段目と打って変わってご陽気。
忠臣蔵の抜粋は六段目の千崎弥五郎たちの玄関の台詞が抜粋されるのがなじみだったが、文我師匠は丁稚が若旦那に声をかける時に三段目裏門合点の伴内(の替え歌)で声をかけて忠臣蔵度が高い。


九段目
時代設定がくだって総髪の医者が出てこない(ゴマシオアタマと変わっている)。
途中で芝居を投げ出した医者が家に帰ってしまい、追いかけた客が
「どないなりまんねん」
「この続きはウチ入りと決まってます」
というアレンジになっている。
(タバコは一切出てこない)

 
「立体紙芝居」
ゲスト・米平師匠の、午前中の続き=後半。


十段目(天野屋利兵衛)
べつの艶笑話2つとともに構成して時間を稼いだ構成。
天野屋が女房の危険を察知するのではなく、大石に口説かれて困った奥さんが怪力で酔っ払った天野屋を自分の布団に納めるアレンジになっている。


十一段目(三村次郎左衛門)
講談のマキジロを短くコンパクトに落語バージョンに仕立て直している。
明治時代の速記本を出店としているが、オチはオリジナル。
「研ぎも研いだり」「斬りも斬ったり」
「呑みも呑んだり」


いやあ、良い厄落としになりました!
京都に見に行こうと思ってたのが行けず、東京で見られてラッキー千万。
でも、仮名手本の客入りは東京が一番な気がするから、もうちょっとみんな遊びに来ればいいのになあと思った。
 
| もりいくすお | - | comments(4) | trackbacks(0) |
安兵衛真観完成(その2)

堀部安兵衛の生誕の地、新潟県新発田「清水園」
「伝承館」さんに掲げ
られる安さんの生涯
堀部姓時代がやっとコンプリートいたしましたーっ!


2016年12月14日討ち入りの日にお披露目!!!!

実際は80×90センチという大きさの絵ですが
BLIGHT以下、全5作品をサムネにて解説とともにご紹介BLIGHT
 

 


7.浅野家家臣・堀部弥兵衛の婿へ



講談や映画では八丁堀に住んでいた安さん。

史実では牛込に住んでいたそうです。

高田馬場での活躍が、赤穂浅野家の堀部弥兵衛の目に止まり、ぜひ婿に入ってほしいと日参され拝み倒される安兵衛の図です。

能筆だった安さんは本郷にある入れ歯やさん「かねやす」の看板のロゴを担当した。畳の上に散らかっているのは、泉岳寺にも飾られているその看板の下書き、という設定。

長屋の様子や小道具は筑波のワープステーション江戸や、日光江戸村、深川江戸資料館などで取材いたしました。

 



8.殿刃傷!即日切腹と浅野家改易



お殿様の松乃大廊下の事件には立ち会ってない安さんには回想のようなカタチで構成しております。

よほど貸衣装で直垂を調達しようとも思いましたが、あちこちのドラマを参考にして描くことにいたしました。

著作権の問題があるのでだいぶアレンジし、どの映像作品でもないカタチに落ち着かせたつもりですが、梶川与惣兵衛の顔だけは誰かに似ているようでありますtehe
 


内匠頭は乱心に見えたり、乱暴者に見えたりしないよう、ちょっと涙目で「もうっ!」という表情を心がけ、吉良上野介は若いころはなかなか美男子だったということで、鼻筋をキレイにしました。

 

 



9.殿様の仇討ち計画を密に進める




お家が改易となり、討ち入り計画を密かに進める浪士たち。
中でも安さんは最右翼の急進派です。
絵は、長江長左衛門と名を変えて道場経営をする傍ら、けっこうコネの多い安さんが学者の細井広択などと会って密書を交わしているイメージです。

そばでナタマメを無邪気にくわえようとしている子供は安兵衛の実子、安之助のイメージです。
安兵衛の子供については彼の直筆の手紙にその存在が記されておりまして謎も多いのですがリクエストにより絵に入れました。
ナタマメは討ち入りの夜に弥兵衛の奥さんがメンバーにふるまったという逸話を元にあしらっております。

さて
時代劇の道場といえば神様の掛け軸が定番でたいがいは「天照大御神」だとか「八幡大明神」を中央に、両サイドに「香取」「鹿島」の大明神の掛け軸が武道の神様ということでぶら下がっておりますが、この絵では馬庭念流の「摩利支天」になっております。
実際はこのように大きな道場ではなく、「必殺忠臣蔵」にあるようにせいぜい長屋をぶちぬいたくらいの大きさの道場ではなかったかとは、山三さんの談です。

 

 



10.赤穂四十七士 吉良邸へ討入り




尻餅をついた弥兵衛をかばい「大事ありませんか親父殿!」と安兵衛が声をかけると「ばかもの!立って相手をするまでもないから座って戦っていたのだ」」と強がる弥兵衛。映画でお馴染みのイメージを描きました。弥兵衛のモデルは武道にも長けてる講談師の若林鶴雲先生です。いろいろアドバイスを頂きました。
 
鶴雲先生には吉良邸の用人のポーズもやってもらっていまして、安兵衛以外は先生のワンマンショーとなっております。
安兵衛の髷をほどいた長い髪は撮影をやってくれたMさんのもので、剣豪の髪にしてはつややかで手入れの行き届いた感じに仕上がっておりますBLIGHT

 



11.安兵衛切腹 吉良家にも処分有



最後の絵は切腹の前に落ち着いている安兵衛のイメージです。

辞世の句をあしらっております。
左の肩に、故郷に残した松の木にちなんで、松の葉を落としました。
 
ありがとうございました〜!甲斐がございました〜!


新潟県新発田にみなさま
hatoどしどしお越しくださいますようhato


 
| もりいくすお | - | comments(2) | trackbacks(0) |
忠臣蔵イラスト展

第113回赤穂義士祭!
その1週間前から盛り上がる忠臣蔵ウイーク!
このたびもりい くすおは赤穂市立図書館館長さんのご発声に寄り、
忠臣蔵ウイークの12月7日〜14日の間、個展をさせていただくことと相成りました。
ありがとうございます!
その名も…

忠臣蔵イラスト展
〜もりいくすおのおしごと披露〜


▲9月に現場を取材して、まずパソコン上でイメージを合成。


きっかけは今年5月、「四十八人目の男」という貴重な忠臣蔵映画のビデオを赤穂市図書館さんが持ってらっしゃることを突き止めたあたしが、ダイレクトに図書館にお電話して問い合わせたのをきっかけに、館長さんとやりとりさせていただくうちに個展の企画が温まっていった次第。


出し物は、これまでやったもりいの忠臣蔵にまつわる絵の展覧でございまして、3っつのブースにわかれた会場では「くすや」の役者絵を皮切りに(新作3点入り)、新潟県新発田の「安兵衛真観」、赤穂の忠臣蔵オリジナルグッズ「わたや」さんや、新橋「新正堂」さんに提供させていただいたゆるキャラや義士絵。
ムック本で展開した引き揚げルートのエッセイ漫画や国立劇場さんの「飛び出す絵本」やラインスタンプに至るまでを網羅し、奥では一般未公開のアニメ「マンガ忠臣蔵#5」の新作先行上映を含む、全作品のループ上映。


             ふたつともえ

 
準備は開催の2日前から赤穂入りしてコツコツはじめました。
お手伝いは図書館の元館長さんと現館長さんと、次期館長さん、
東京から来てもらった後輩H。
そしてなんと、忠臣蔵イラストの大先輩マエカワマサミ先生。



▲壁に貼る「走るちんべえ」を切り抜き、切り口を黒く塗る。



▲描き下ろしのA0版千恵蔵(原画はB5くらいですがase2)。
あ、でも役者絵の中で唯一の手書き塗り(を取り込んだデータ)
手前で見守る立体ちんべえ(たまい はるこ作)



▲新宿の業者さんが送ってくれたタイトル文字。



▲照明も大事。背の高いHに来てもらって良かった。


ともかく、メールでやりとりしている感じでは館長は
「(もりいが)来た日に確認して、翌日一気にやっちゃいましょう」
という感じでいらっしゃったが、ちょ〜っと心配と思い、ともかく早めに赤穂に入って到着してすぐにできることを進めた。

「一気にやろう」と言ってた日には、前日に届いてなきゃいけない展示物が出力業者からなかなか届か無いアクシデント(ありがち)などもあり、やはり不測の事態に備えて前の日に始めておいて良かった。
必ず時間にはゆとりが必要と痛感いたしました。

今回の準備に神がかりに助かったのは、図書館の斜向かいがホームセンターであること。これは百人力でした!


BLIGHTそして開催当日BLIGHT



▲エントランスで出迎える役者絵。



▲見て下さいまし。あたたかいなあ!この立看!




▲ウエルカム人形のちんべえ。




▲どうですかあ?最初のイメージ図にそっくりでしょう?


いろいろ反省点がございましたが、
一番の大きい反省点は、
東京の狭苦しいスケールで考えるな!
で、あります。

広い会場では、すべての掲示物がワン・サイズ小さかった。



▲…これ、2番めのブースなんですが…
なんとなくスケール感、おわかりになりますよね…
なんとなくこう、広いかな〜…ase2
正面に見えてるのは安兵衛真観ですが…
80×90の絵をA3で出しちゃったんだよな。

まあ、でも展覧会の絵なんてこういうゆとりですよねえ!



▲近くで見れば見応えじゅうぶんなんですから。



あとはね、アニメ「まんが超忠臣蔵」が
図書館に訪れたお子さんの親御さんの琴線に触れないといいなと思う次第。
「はしたないっ」とかっつってね。




11日には講演もあるのですが、
その時のことはまた加筆いたします。


地元の方、近郊の方、
ぜひお越しくださいませ!!!!!


                                           ふたつともえ


やがて開催から4日が過ぎ…
それまでにちんべえのヒゲが曲がり、
A0の千恵蔵が落っこちました。
両方共人災でござる。(*´∀`*)
上からぶら下げた絵はエアコンでふらつかぬよう絵の下方にオモリをつなげていましたが、これがために人がテグスに気づかずからだにひっかけてしまい、天井に吊ったテグスとオモリにつながったテグスの綱引きに上が敗れて落っこちたそうで、オモリを撤去しました。
(オモリを外してもエアコンの影響はなかったのでした)
さて
11日の日曜日は講演「わたしが描いた忠臣蔵」を一席ぶちました。
その前日、前々日と間がよくテレビの歴史バラエティでやっていたのを引き合いに出し、大衆の考える忠臣蔵の魅力と私が「こうすれば受けるのに」という解釈とを混ぜたお話し。

 


 
おかげさまで日曜日ということもあってか、身内も何人かいたものの、小学生からお年寄りまで(中にはすごくメモってくださってた方も)50人の席はほぼ埋まり、「おもしろかった」と言っていただけました。
話しながらときどき映画や講談の抜粋をするんですが、終わったあとご列席の方から
「ああいうお芝居みたいのをもっと長く演ってほしい」
とリクエストを頂きまして、そりゃいいアイデアだなと膝を打ちました。
あたしゃ聞いたふうなことをしゃべるより、ひとり芝居みたいなことをしてるほうが気が楽!

 
終了後、あらためて展覧会場に参りますと
アニメブースで皆さん笑ってくださってて、
ああ嬉しやと皆さんの背後から手を合わせました
(?したっけかな)。

 


 
14日の義士祭に撤去となりますが、あいにく当日は授業で出られず、あとをよくお願いして後ろ髪を引かれる思いで赤穂を後にいたしました。
| もりいくすお | - | comments(6) | trackbacks(0) |
飛び出す絵本忠臣蔵!!!

ついに

3ヶ月に渡る、国立劇場さん50周年記念興行

「仮名手本忠臣蔵」全段

はじまりました〜!

 

今月は大序〜四段目

江戸じゃ二段目は、勘三郎さん(18th)が

浅草でやった以来だから

8年ぶりぐらい?

つぎ、いつの世で見られるかわかりませんぞ。

 

さて

今回、ご紹介したいのが グッズ〜〜!

 

中でも

もりいくすおがお手伝いさせていただいた
 

芝居廻り絵巻『仮名手本忠臣蔵』

にご注目!

 


歌川豊国先生の錦絵

大序、四段目、七段目、十一段目が
BLIGHT飛び出す絵本になりました!





開いて、メリーゴーランドのようにして

ご家庭で仮名手本忠臣蔵がお楽しみいただけます!

 

特筆すべきは上の画像の右、手のところ!

表1と表4(表紙と裏表紙)が合わさる部分ですが
ここ、なんとマグネットが内蔵されてて
画像のように押さえてなくても
4場面全開のまま自立するんです!

 


きゃ〜〜〜!!!

これもう、最高でしょう!hato

 

2次元をポップアップにするということは

描かれている素材を分離しなけりゃいけないわけです。

 

そこで、もりいくすおの魔法が必要と相成りました。

 

んま、魔法の一例をあげますると…





この、一枚絵をですな…





ひとりずつ魔法でピックアップして

画面から居なくして、ポップアップにする段階で

手前に人物を並べていくわけですわいな。

 

わかっていただけますか?

この魔法tohoho
 



豊国先生の霊と相談しましたよ。もう。
お弟子の国芳先生にもお力を借りてBLIGHT
 



製本は、老舗の高田紙器さん。
かわいいコンパクトサイズ。2,000円。
どこへでも持ち運んで、
行く先々で開いてウットリするといいです。
 
大好きな立版古の「いま版」を
お手伝いさせていただいて本当〜に名誉です!
 
その他、あたしは携わっておりませんが
劇場ではTシャツやかるた、ぬいぐるみなど、
劇場に行った際に買っちゃうんだもーん!
hatohatoきーっ!!AGEAGEhato

 
| もりいくすお | - | comments(4) | trackbacks(0) |
おうわさいろいろ

ようやく秋の気配を感じてまいりました今日このごろ

オートマチックに周囲が忠臣蔵めいてまいります!
 
夏休み明けに先日学校に参りましたら
後輩Hさんが、なんでもお父様のコレクションだったそうで
「おもしろブック新年号」の付録
中村錦之助の「中山安兵衛」のグラビアをくださいましたあ!
うわっちゃほ〜〜〜いい!!!
 

新学期から高まりますなあAGEAGE
さて、以下4つほどニュースがございます。


 
1)「くすや」スマホ対応に
ちょっと遅いくらいでございました。
デスクトップ版との切り替えは画面の一番下のところで
できますです。
 



 
2)どうぶつ四十七士
そうそう。いただきものといえば
後輩Aが訪ねてきたときにいただいたお菓子。
なんだか非常食みたいな可愛らしい…
なんじゃこら
…と!
なんとお菓子の名前が「動物四十七士」
 

なんでも、ギンビスのヒット商品
「たべっこどうぶつ」のルーツだそうで!
どっひゃ〜〜〜〜〜!!!
バシャバシャ食べちゃったBLIGHT
でかした後輩A!
やったぜギンビス!


 
3)かっぱ忠臣蔵
神田の古本屋街で忠臣蔵マンガ★ゲット。
これがたけぇの!
 

よく見たら原作が
「川内康範」
それで高いのかぁ!?
 
面白いか面白くないかと聴かれれば
面白い作品だが、
コレ実は「日の丸」誌の付録で
物語のプロローグは本誌のほうにあるそうなんですね。
だからお話が途中(評定)から始まっている。
 
でもって
念のいったことに、オチがねえんでやんの!
「残念でしたつづきは来月号のお楽しみ!」
だって!
ギャフ〜ン!はんちく!
 
「おもわずふきだすゆかいなまんが」の
コメディリリーフは表紙にもなってる不破かずえ門
やくどころはおよそ講談の武林唯七のスタンス。


 
4)籠手&脛当て
 
最後は、
ヒモがボロボロだったせいで春のライブでは
講演中にズルズル落ちてきた籠手と脛当てを、
九州のヨロイ屋さん「丸武産業」さんに修繕していただきました。
 

●こんどはインナーがほしいなあ。。。

でね、上記の神田古書街に行く道すがらね、
その丸武産業の「支店」てのが
昌平橋のところに出来てたの!
ヨロイがいっぱい売ってて!
 
前から何度もWEB上で見てた鉢金(画像で、あたしが頭につけてるもの)を買っちゃいましたよもう。
現物見ちゃったらダメでしょう。
お金を払いながらスタッフさんに
「よくもこんなところに店を構えてくれましたな」
と苦情を言いました(笑)。
 
シアワセhato


 
ふたつともえ


 
最後に、いろいろ考えたんですけど
忠臣蔵なもりいのカタガキを
「俗説忠臣蔵愛好画家」に決めました。
 
芸能忠臣蔵愛好画家って短い間言ってたんですが「げいのう」っていうと早大を始め、ちゃんと本当に研究してる方たちがいるのにおこがましいし、こないだ「忠臣蔵 花の巻雪の巻」の映画パンフレット読んでて稲垣浩監督が「俗説と真説を正しく区別して語る人が少ない」的なコラムを描いてて、いまさらだけど「俗説」はいいなと。
★<加筆!>★
と、思いましたが
俗説と名乗れば、安兵衛真観を納品させていただいた新発田の伝承館に申し訳が立ちません。
ご常連の山三様、ゆらおに様のアドバイスを頂きまして
このたび
忠臣蔵文化愛好画家
とさせていただくことにいたしました。
(上記のボツ案は、思い出としてログを残しておきたい所存です。)
今後ともよろしくおねがいします。
m(_ _)m
| もりいくすお | - | comments(6) | trackbacks(0) |
| 1/147PAGES | >>