CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CONTENTS
ARCHIVES
CATEGORIES
おおさか忠臣蔵

ごめんくださいっ

…やめとこ

 

01.jpg


浅野内匠頭長矩公が参勤交代の際に立ち寄ったという大阪は吉祥寺さん。
先日の日曜日に出かけてまいりました。

 

02.jpg

▲塀のデザインがクール!


大阪は…これ、どこって言ったらいいんだろう。
あたしゃ天王寺駅からタクシーで参りましたが
「赤穂義士の…」と運転手さんに言ったらすぐわかってくれました。
乗り換えて四天王寺前夕陽ヶ丘駅ってところまで行けばよかったのね。

大阪府大阪市天王寺区六万体町1-20

 

03.jpg

▲門をくぐると内蔵助がお出迎え。


事件後に寺坂吉右衛門が遺髪や遺品を持って現れたという伝説が残っているそうです。

 

04.jpg

▲平成14年(300周年)に建立。


でまあ勢揃いの石像がこれが圧巻でございまして、見てくださいバリエーション豊かな決めポーズ!
さらに手前に広く芝生ゾーンがあってたたずまいがおよろしい。

 

05.jpg

▲刀などの武器は、ヤイバは金属で出来ております。

 

06.jpg
▲奥には殿さまのお墓と大石親子のお墓がございます。

 

みなさんもお賽銭をいっぱい持っておでかけください。

(ご本堂は檀家さんのみにしか公開してらっしゃいません)

毎年12月に義士祭もあるそうで、そのころまた出かけたいですわい!
12月はいろいろ祭りがかぶるわけですが、可能であれば一度、義士祭のハシゴにチャレンジしてみようかしら!と、マジで思う。
マジで。


さて


晩に赤穂に入りまして、明くる日
某友人の家庭内で貴重な映画を視聴しました。
戦後の「喧嘩安兵衛」
高度成長期の「槍一筋日本晴」
Yさんありがとうございました!

でねでね!

忠臣蔵問屋わたやさんにて
とてつもない素敵なものを発見!!

 

 

07.jpg

 

元禄繚乱のポスター!


ごらんください!ありえない明るさのご家老、将軍…。

なによりお殿様ご夫妻hato
こんなアプローチ、見たこと無い。
以前に赤穂の情報物産館で見て以来、史上ベストのポスターと思っておりました。
そっそれが手に入るだなんて!キーッ!!!!

(そそ。買ったのです。)
わたやさんありがとう!!!日本一!

昔、ノンケの人から「忠臣蔵って暗いでしょう」って言われたことがあって、「どこが?」と思いましたがこのポスター見てその人が言いたいことがわかりました。たしかに物語全般において登場人物は心から笑わないですわなあ。

過去のクリエーターは、だから畳屋やそば屋をコミカルに演出したのでしょうな。


先日絵本を納品させていただいた観光協会さんに寄りましてご挨拶。

帰路につくとご家業で赤穂の牡蠣を全国に広めまくっている船曳さん一家とバッタリ遭遇!

 

 

ああもうっ!
楽しいったらありゃしない!
三左衛門さん〜!
赤穂に一軒家、借りましょうよう!(ToT)

| もりいくすお | - | comments(4) | trackbacks(0) |
ゴールデンウイーク忠臣蔵

こんじつわ!

(©滝沢カレン)

 

今年のゴールデンウイークはなぜだかチョボチョボと、忠臣蔵、赤穂関連の番組にご縁がありました。

楽しかったことよ。

このたびはひとつそれらをご紹介。

 

そのまえにまず、前から決めてたんですが

連休中に「四谷怪談」イッキ見しました。

ひと作品も忠臣蔵と絡んでませんでしたがtehease2

よろしかったらレビューをどうぞ。>●

 

 

▲これは長谷川一夫「四谷怪談」('59)

 

「修羅」に「塩冶さまあ!」と(数右衛門が、だったかな)

叫ぶシーンが有りますが、あのくらいでいいから

忠臣蔵を、からめられねえもんかなと思った。

 

 

 

ふたつともえ

 

5月1日(月曜日)

 

「忠臣蔵うら話 仲蔵狂乱」ホームドラマCH

 

こんな番組の放送があって、たまたま見つけて録画〜!

油断も隙もあったもんじゃありません。

 

落語でお馴染みの「中村仲蔵」を映像化。

しんのすけ時代の海老蔵が仲蔵を演じています。

 

 

▲勝手をやって作家に怒られてる仲蔵。

 

 

 

ふたつともえ

 

5月6日(土曜日)

 

「池波正太郎の江戸料理帳」時代劇専門CH

 

小説「堀部安兵衛」から

内蔵助が70歳のお祝いに弥兵衛に送った

牛肉の味噌漬けを再現。

 

 

▲く〜〜っあたしだって今日「くいしんぼう」で

 安いステーキランチたべたもん!NAKI--WARAIase2

 

笹野高史と草刈正雄が舌鼓。

 

 

 

ふたつともえ

 

5月6日(土曜日)

 

「まんが日本史」ヒストリーCH

 

 

▲#44 士農工商〜身分制度の確立と元禄文化〜

 30分番組の中の一部に赤穂事件が…

 

 

初めてこの番組見ましたけど

けっこうていねいにスクリプト作ってる感じですが

なにせセル画時代のアニメで、毎週やるのがきつかったのか

絵柄が相当急ごしらえな印象。

 

 

 

ふたつともえ

 

5月6日(土曜日)

 

「毎日がスペシャル!」BS-TBS

 

これは番宣なんですけど、

13日の18時半から三波春夫の「大忠臣蔵」を若手演歌歌手がやるそうで。

すごくコンテンツがあるけど、どれをやるのかな。

 

 

▲まあ、「赤垣源蔵 徳利の別れ」とかは

 無いだろうなあ。…無いか?早く見たい。

 

 

 

ふたつともえ

 

そういえば今日見たよしもと新喜劇の中で

浅香あき恵が青野敏行に

「わたしアオちゃんの「俵星玄蕃」すきやねん」

というセリフがさらっと入っておりましたhato

 

5月4日(みどりの日)に放送のあった

「ニッポン縦断こころ旅」BSプレミアムも

入れようかと思ったんですけど、

火野正平の自転車散歩番組。

赤穂市でくくられてましたけど・・平福・・

いくらなんでも忠臣蔵ブログで取り上げるのは乱暴かなと。

 

 

とっぴんぱらりのぷぅ

| もりいくすお | - | comments(4) | trackbacks(0) |
安兵衛真観と新発田(春)

 

去年(2016)末に新潟県新発田「清水園」内

安兵衛伝承館さんに奉納させていただいた

安さんの絵の、堀部家の家紋の修正(図1)に

おでかけ。


▲図1
 

1日目は新発田のお隣の駅、村上にございます瀬波温泉に一泊。

 

これが、んまぁ〜〜〜〜〜

ようございました。

 

▲ホテルの窓から日本海。

 

赤穂の瀬戸内海もよろしゅうございますが

ンま、こちらでは日の出は見えませんけれども、
こちらもなかなか素晴らしい!ご利益ご利益・・​

 

冬はシャレにならないし、夏は海水浴客でいっぱいということで絶好のタイミングで伺いました。

お湯も食べ物も、もう最高​!

オススメ「大観荘 せなみの湯

 

▲用意してくれた布団がちょっと…小さかったかなtehease2 ​​。

 

さて

村上は鮭(イヨボヤ)が名産でございまして

そこかしこの軒下に鮭がぶら下がっておりました。

 

 

画像右のぬいぐるみは「イヨボヤ会館」のお土産物屋さんだったかなあ。手作りでしてね。これいいなと思いましたhato​。
さて、

2日目午後、

新発田に到着いたしまして
伝承館にてさっそく修正。

 

▲持参したアクリル絵の具にて。ていねいに・・・

 

それでですね!今回ぜひご紹介したかったのが

伝承館のおとなりに御座います、このたびオープンいたしました
レストラン「こめ蔵 ココロ」さん!
今年2017年、
1月に新発田駅前から引っ越していらっしゃいました!

▲伝承館もココロさんも同じ蔵の中にございます。
(でけえ蔵!)

こちらで、
絵のモデルをやってくださったデザイナーの寺田さん。
長徳寺の関根住職。
プロデューサーのY氏と「完成祝い」で祝杯です。
洋食屋さんベースですが赤穂の牡蠣鍋がいただけるし
新発田名物の車麩のフライもうまい!
酒がすすむすすむ。

▲車麩カツは麸であることを忘れる食べごたえと
 ちらっとアメリカンドックのごとき愛嬌でビール旨し!

次うかがったら絶対ランチで自慢のハンバーグを頂きたい。

最後にね

「堀部安兵衛誕生乃處」にある安兵衛さんの土鈴(画像)が売ってるというので売ってそうなところを探すためにY氏にあちこちと車を走らせていただいたんですが・・・

▲コチラ

どこを探しても売ってませんでした(泣)。

最終的に作者の工房 寿々蔵さんにまで押しかけたのに…。
ショックだったのは
新発田城関係の重要な観光某所にてお客さんの窓口のスタッフさんがこの土鈴の存在すら知らない…いや、知らないと言うならまだしも「そういうものは無い」と断言されてたこと。
そりゃあつれなかろうぜ!
「堀部安兵衛誕生乃處」にちょこんと座ってるではござらぬか!
…上の画像がいっそう寂しそうに見えまする…

すごすご退散・・・

いろんなご事情があるのがわかるので、わかればわかるほど悔しくて、ちょっとYさんに当たってしまって…
反省の帰路でございました。
ごめんなさいase2

Yさん個人の持ち物であった、色の塗ってないものをもらって帰りました。
おねだりまでして、かさねがさねすいません。

 
観光事業というのはほんとうにほんとうに
むずかしいものなのですな。。。。

 

 

| もりいくすお | - | comments(4) | trackbacks(0) |
工芸品忠臣蔵
今宵、皆様にご案内申し上げますのは忠臣蔵フィギュアでございます。

 
工芸品忠臣蔵!


<土人形>
まったくこの分野はくわしくないんですが
まずは土人形…というのでございましょうかな。
素焼きに着色した工芸品。
内蔵助(蔵之助ってかいてあるけど)は身長23センチほど。
持ってる工芸品では一番大きいです。



この三人、ヤフオクで見かけ、その後もたまに見かけるんですがこちらよりずっと状態の良いのが現れたとき、グラっと来ます。
そんなとき…
「買うの?そしたらこの子たちどうするの?」
という脳内会議が行われ、
今いるこの子たちを大切にする事になりまするw。

上はヤフオクですが下は地元の骨董市にて出会いました。
お手軽でした〜!
親子で1000円位じゃなかったかしら。



7センチ強の大きさですが、わりとディティールが細かくて保存状態がよろしい。
主税(右)の持ってる槍も折れずにおります。
体外スッポ抜けてたりするもんですが。

内蔵助の顔がほっそりしていまして、伊井蓉峰かなんかのイメージだとしたら、1920年代のもの?いやぁそんなに古くはないだろうなあ。
つか、主税がぽっちゃりしすぎだろっ。

どこにも、生産地やメーカーのヒントが無いんですよねえ。




<豆人形>
忠臣蔵問屋 わたやさんではこの種の民芸品を
「豆人形」と、おっしゃってました。
身長1.5センチ。木製。
登場人物が47人いるから、豆人形にはうってつけですな。




赤穂玩具博物館・鈴原館長から
箱入りは珍しいとお褒めいただきました。

で、上のは「引き揚げ」で両国橋に差し掛かってるところだと思うんですが、全員揃ってるんで先に出しましたが、下図は「討ち入り」ですな。
表門隊。数がちゃんとあっております。



身長は1センチ強と、グッと小さくなっておりまして
こちらは土人形のたぐいです。

てこたぁ、アレだなあ。裏門隊もリリースされていたんだろうか。
いやでも、内蔵助がいなきゃあ商品の人気が見込めませんから、わかりませんね。

両方ヤフオクで落札。




<泉岳寺土産>
こちらは泉岳寺のお土産物屋さんからいらっしゃった方たちです。



一番左は鋳物ですなあ。
泉岳寺の小泉義士堂さんで買いました。
コレの大きいのが売ってるんですがそれのお手軽バージョンですね。台座を含め、振り上げた手までで11センチ強。
おとなりが同じく泉岳寺・沓名商店さんからプレゼントで頂いたこけしちゃん。襟の塗装がハゲちゃってます。
その反省を踏まえてか、一番右の子は襟の処理が紐になっております。
一番右の子はヤフオクなんですが塗装のかんじが似てることから泉岳寺商品の一連と読んでおります。

すると、この子はどこの子だろうなと。
ヤフオクで落札。6センチ。



「赤穂浪士」とはっきり描いてあるから、赤穂で売られてた子かな。

ンもぉ、昔のおにんぎょさん、手がかりなさすぎ。




<射的人形>
さあ!
今宵のオオトリでございます。ぽてちん!

射的人形。
射的・・・これです。


(イメージ:くすお画)

この台に、立たされていたなんてっ!!!!!



もう大丈夫ですよ!ご城代のみなさま!(ToT)
いくらコルクだからってねえ、コレに向かって乱射してたなんてあたしゃ、信じられませんわい。
一番右のが18センチ弱。
大正〜昭和に製造された、夜店のプライズ品。

射的人形には、なにか小さな棒のようなものを持たせてるバージョンがよくあるらしく、一番右の子を骨董市で買った際は右手にはただ穴が開いていました。
持たせるものは日章旗だったりするようですが、まあ左手に陣太鼓持ってるのに右手に日章旗じゃあおかしいんでバチ(折った爪楊枝BLIGHT)を持ってもらいました。(采配かな?とも思いましたが采配なら腰にちゃんと刺さってたんで)

射的は打ち倒したそのものを商品としたものや、それを落とすと別の商品がもらえるものがあったようですが、右から2番目の(ちなみに左三体ヤフオク)痛み具合は何度もお撃たれあそばされたのでしょうか…。

それとも射落とした子供がたくさん遊んでくれたんでしょうかな。

こんなふうに怪獣と戦わせたりして…



でわでわまた〜〜!tehehato

 
| もりいくすお | - | comments(0) | trackbacks(0) |
桂文我独演会
今年もよろしくお願いします!

新年も2週間が過ぎた殿様の月命日…
四谷まで
上方落語の桂文我師匠が大阪、名古屋、京都で好評を博したという独演会
「忠臣蔵」
を、観に行ってまいりました。







「くすぺでぃあ」にもございます古典落語の忠臣蔵

落語の忠臣蔵モノと言うと歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」の部分が物語の中に入り込んでくるパターンがたいがいなのだが、本公演は大序から討ち入りまでが要素になってる落語をあれこれ全段揃えて朝10時半から16時45分まで熱演で披露してくださった稀有な内容となっております。
そもそも師匠はゲストを呼ぶ以外前座も出てこないぶっ通しの独演会をちょいちょいおやりになるようだ。大変な研究家で著書も多数。
東京の落語家についても大変お詳しく、桃中軒雲右衛門のモノマネも飛び出すなど、東西演芸のデパートのような人である。

貴重な文化の発掘作業に大満足でしたが、東京・紀尾井小ホールではお客さんの入りはボチボチ。
忠臣蔵落語を楽しむにはまず仮名手本忠臣蔵がデフォで入ってないと面白くないネタのオンパレードとなれば、相当お客層を選ぶ会なのかも。

飲み食い一切まかりならんという会場で、こういう内容だと、落語会というより研究会みたいでちょっと堅苦しかった印象も。


ともあれ「全段」とは言うもののお話ごとに世界観やギャグセン、ボリュウムなどがバラバラなので各話をアレンジし、ひとつのパッケージとして構成して、たったおひとりでまっとうする体力とおこころざしにただただ感服。
一つの話が終わるごとに幕が下り、そのつど衣装を変えておはなしくださった。

品の良い丁寧なパフォーマンスのおかげでたいへん気分良い居心地でございました。


以下ネタバレ(セトリ)。
(良し悪しうんぬんではなく、確認のためメモる)


大序(田舎芝居)
烏帽子にハチが飛び込むのは手作りの烏帽子のにかわを乾かすためではなく、汗で湿ったから乾かしたというシンプルな経緯になっている。
芝居が進むが四段目の切腹の場をしつらえる諸氏がイノシシ役と飲んだくれてサボって出てこないので(芝居小屋の周囲にで店が出ている設定になっている)、楽屋でなんの役もついてなかった村人が「諸氏をやれ」と急に言われてシシと勘違いして舞台に飛び出して判官を追いかけ回す構成になっている。
「ご領分の殿様に挨拶に来ただなあ」
というオチ。


二段目(芝居風呂)
本蔵ファンと由良之助ファンの喧嘩のバージョン。
二段目の芝居の抜粋はほかの噺に出てくる抜粋より思い出しながら演じてる感じがいたしました。
圧倒的に演じる機会がないのだと思います。
「わしの着物は」「二段目じゃーい」


三段目(質屋芝居)
質屋のあるじと従業員が芝居ごっこに興じて客がほったらかしになる噺だが、「二段目(芝居風呂)」のときと打って変わって師匠の芝居の再現がスムーズで、それはそれで結構なのだが逆に「素人の質屋が演じている」というニュアンスは消えている。
「四段目(蔵丁稚)」が上演の機会が多いので比較しやすいが、師匠方が「素人が芝居の真似をする」という場面をどう演じるかはさまざまで興味深い。
いかにも素人っぽくやるか、そこそこちゃんと師匠方がマスターした芝居場面を披露するか…
個人的には、ちゃんと再現するより落語の登場人物がヘタクソに演じてたほうが滑稽でいいんじゃないかとも思う。


「立体紙芝居」ゲスト桂米平師匠
紙芝居にいろんなパーツを足したり動かしたりしてバカバカしく忠臣蔵をおはなしする。
昔はコレをやってた師匠方も少なくなかったそうだが、手間がかかる割にウケない(笑)ということで、米平師匠のこの珍芸は天然記念物。


<仲入り>


四段目(蔵丁稚)
ここでも芝居好きの子供の真似事というより、けっこうちゃんと四段目の部分を再現されている。


五段目(吐血)
「今日は吐血で死ぬのだ」のサゲ。
噺の序盤に出てくる勘平ばかりがズラリと並ぶギャグのオチは「観兵式」ではなく、「ズラーっと並んで片手に盃持ってカンペーイ!」になっていた。
露の五郎兵衛(2nd)と桂文我(3rd)も定九郎と与市兵衛のコントを得意としたそうです。


<<午前の部・終了。午後別料金で客入れ替え>>


六段目(片袖)
ラストにほんのちょっぴりだけチョボが出てくるハナシだが、御免なさい。そこ以外眠ってしまいました。
そもそも陰気臭い内容でございます。


七段目
これはもう有名なオハナシでして、六段目と打って変わってご陽気。
忠臣蔵の抜粋は六段目の千崎弥五郎たちの玄関の台詞が抜粋されるのがなじみだったが、文我師匠は丁稚が若旦那に声をかける時に三段目裏門合点の伴内(の替え歌)で声をかけて忠臣蔵度が高い。


九段目
時代設定がくだって総髪の医者が出てこない(ゴマシオアタマと変わっている)。
途中で芝居を投げ出した医者が家に帰ってしまい、追いかけた客が
「どないなりまんねん」
「この続きはウチ入りと決まってます」
というアレンジになっている。
(タバコは一切出てこない)

 
「立体紙芝居」
ゲスト・米平師匠の、午前中の続き=後半。


十段目(天野屋利兵衛)
べつの艶笑話2つとともに構成して時間を稼いだ構成。
天野屋が女房の危険を察知するのではなく、大石に口説かれて困った奥さんが怪力で酔っ払った天野屋を自分の布団に納めるアレンジになっている。


十一段目(三村次郎左衛門)
講談のマキジロを短くコンパクトに落語バージョンに仕立て直している。
明治時代の速記本を出店としているが、オチはオリジナル。
「研ぎも研いだり」「斬りも斬ったり」
「呑みも呑んだり」


いやあ、良い厄落としになりました!
京都に見に行こうと思ってたのが行けず、東京で見られてラッキー千万。
でも、仮名手本の客入りは東京が一番な気がするから、もうちょっとみんな遊びに来ればいいのになあと思った。
 
| もりいくすお | - | comments(4) | trackbacks(0) |
| 1/148PAGES | >>