CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
CONTENTS
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 平成最後の忠臣蔵トークショー | main |
台湾忠臣蔵

にーはお!

相棒の森井ユカさんが台湾(台北)にサテライトオフィスを構えたので、訪問がてら現地であたしの仕事の商品開発のリサーチやら、もちろん忠臣蔵モノも探しに出かけました(あるのかよ!)

ちなみに旨いものに目がないユカデザイン社さんは「地元民」と化して、わたしの滞在中毎日どのタイミングでもハズレ無しの店を紹介してくれて、胃袋を大満足させてくださいました。




▲朝飯は豆漿(トウジャン)の旨い店から始まり…



さて!
忠臣蔵のお話しの前に…
いま新正堂の渡辺社長様より、とある縁起物グッズのデザインのご依頼を頂いておるんですが、信心深い台湾では新旧の縁起物グッズが溢れかえり、出かけた4日間はお彼岸の連休ともあってあちこちで神様がらみのイベントもありリサーチにはうってつけでした。
とは言うものの、
やはりグッズ展開のデザインの多くはその国民の生活や慣習にのっとったものですし、なにより色使い自体は中華圏独特のものでありますから、おおいに刺激にはなりましたが、取り入れてどうこうという参考とは別でした。




▲神様グッズあれこれ。



話は横道にそれますが、台湾では(たぶん中華圏で広く?)実在した人物が神様になるパターンがいろいろございまして、今回行きませんでしたが三国志で有名な関羽が神様になって祀られてるお寺さんがある街の駅は
「忠義」
と言うんですな。
なっかなかイカした駅名であります。
忠臣蔵好きのあたしには「忠義」「忠孝」といった文字には弱い。
(特に泉岳寺のある駅名を「高輪ゲートウエイ」にされた忠臣蔵ファンの身としてはひとしお)
今度出かけた折はぜひ伺いたいでーす。


関係ない話でドンドンと脇道にそれますが…
城中市場という西日暮里と巣鴨を混ぜたような問屋街に行ったときの駅の出口が「ももいろのゼットで「忠」出口」ということを知ったとき、どれほど喜んだことか。
オタクって幸福のレンジが広くておめでたいですわい。








▲「忠義」駅のお寺と同じ関羽の神様を祀った
台北市内の行天宮さんは、商売繁盛の神様。




さて!

聞いてほしいのは
古亭という街にある骨董屋さんの話です!




▲骨董の殿堂



2棟を乱暴につなぎあわせて、その一階と二階に骨董品をぎゅう詰めに並べている骨董屋さん。
ここには思いのほか日本のものが多く(家具、人形、食器、書など)、奇跡的な発見があったのであります!






じゃじゃ〜〜ん!!!!!


さあ、こりゃなんでげしょう!?
体調約25センチ。
わたしには

大石内蔵助に見えなくもない。

これに出会った時はもう「おいおいおいおいおい」
と興奮しながらスマホを取り出しました。




▲銅雕人物 1800台湾ドル(約6500円)



しかしここはいったん落ち着いてちょっと細部を観てまいりましょう。
うやうやしく台座に仁王立ちですが、これは〜、お雛様の台座かなんかで間に合わせてる感じですかな?

ポイントはまずこの振り上げた右腕…




▲バチがすげ〜曲がっちゃってるけど!



討ち入りの形ならこれは陣太鼓を打つバチってことになりますね。
でも、先っちょにたんぽみたいのがついてましてね、
これがねー…
で、ご覧のとおり、頭に鉢巻でしょう?
はちまきぃ…かぁ…
お顔は小判形で、くすお好みの内蔵助タイプだけど。

それから、逆ですけど紋は二つ巴。
唯一、赤穂義士を思わせる特徴でございます。
だから左手に陣太鼓でもぶら下げていればねえ。
ところがなんにも持ってらっしゃらない。
それがあればもっと手がかりになったのですが・・・
いや、太鼓があれば即買いだわ。







でね、腹掛けをしていませんでしょ。
鉢巻にも金属の板がついてたりしていませんしね…
つまりね、闘う格好になってないんですよ。

こうなりますと、コレって
鉢巻きして興奮したマリンバ奏者のおっさんになっちゃうんですよねえ。







この、異様に丈の足りない袴は、股立を上げてると解釈できなくもないんですが…
んま、これもねえ…。

先輩方はどうお思いになりますか??


それから!


こんな出会いも!







赤穂十七義士遺髪塔のあります熊本県山鹿のとうろうが!
現地で買い求めますと3万円するところをなんと!
約4,600円にてお買い得!
う〜〜〜ん!…
めっちゃ欲しいけど持って帰るのは大変。


くすやに訪れてくださる海外の方はほんの少しですが、台湾はアメリカ〜中国〜韓国についで4位にご贔屓いただいてます。
忠臣蔵な戦利品は微妙?でしたが、食文化が異様に性に合ってるので、
また出かけます〜〜!

コーディネイトの森井ユカさんありがとうございましたっ!
新刊>「旅のアイデアノート」


<加筆>
ちなみに泉岳寺のおみやげで「銅雕人物」とくりゃコレがおなじみでして、んま、こういきたいですわねえ。
ポーズは似てるんだけどなあ。(画像はくすおのショーケース)
我愛台灣。
該鎮融合了新舊文化。
每個人都很善良。
食物很美味!
我喜歡日本的歷史劇“忠臣蔵”(忠義浪人)。
有一家名為“
藏舊尋寶屋”的古董店,距離火車站"古亭"僅幾步之遙。
我在那裡找到了一個罕見的娃娃
這與“忠臣蔵”有關嗎?
| もりいくすお | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kusuosan.jugem.jp/trackback/1007
トラックバック