CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CONTENTS
ARCHIVES
CATEGORIES
<< とよおか忠臣蔵(3) | main | 小説「怪異談 忠臣蔵」08 >>
小説「怪異談 忠臣蔵」07

小説

怪異談 忠臣蔵

〜ゾンビが出てくるやつ〜

 

この作品はフィクションです。文中に出てくる名称と、実在の個人名、団体名とは一切関係がありません。

本編には、暴力的なシーンが含まれてございます。
また、たいそう昔の設定なので、現代では不適切と思われる表現が含まれることもございます。
あらかじめご了承の上、ご覧くださいませ

 

(連載7)

 赤穂浅野家家来の高田郡兵衛(たかだぐんべえ)は、二百石十五人扶持の槍術の名人で、子供の頃から、竹槍で雀や川の魚を突くという妙技を持っており、若いうちから宝蔵院流の槍の師匠のところへ弟子入りし、めきめきと腕前を上げたのだった。

 異名を「槍の郡兵衛」。

 積極的でまことに頭が切れる男だが、短慮が玉に瑕。

 活発な者はとかく粗暴に流れたがるもので、仲間からよく心配をされた。

 父の代から浅野家に仕えているが、年頃も背格好も似ている新参の安兵衛とは、たいそううまがあった。

 御用に槍を使うようになったのは、のろまと距離をおけるからで、これは高田郡兵衛からの提案である。

 

 もうひとりの武士は名を堀部安兵衛(ほりべやすべえ)と言い、越後の生まれだが浪人し、武芸の修行のために江戸に出てきて、数年前に高田馬場で、義理の伯父の決闘の助太刀をして、ひとりで相手を十八人も斬り倒した豪傑であった。

 元禄の世にあって、珍しく勇ましい侍であり、おかげで江戸では、ちょっとした評判になった有名人でもある。

 そもそもはおっちょこちょいで、気随気ままな大酒飲みであるが、仕官してからはそれを自分で諌めるために、努めて身を慎み、すべてを控えめにしようとこころがけている。

 元来、無欲であるにもかかわらず、そのくせ他人から羨まれるほどに、なにかと評判が立つ男であるが、お世辞にも「運が良い」とは言いがたい。

 神仏に好かれているのか、試されでもされているのか、不思議な難題と良縁がつねに入れ替りにやってくる。

 高田馬場の一件は災難であったが、それがきっかけで、いまの主君に二百石の馬廻り役で召し抱えられたし、良縁にも恵まれ所帯を持っている。

 しかしそれがまた…

 これから彼らに振りかかる災厄は追って話すとして、ともあれ安兵衛は生来肝が太く、腹もできているところに武芸が備わって、その上明るい性格で洒洒磊落としている。

 このふたりはなんの因果か気が合った。

 

 

 

 

 さて安兵衛は矢立を取り出すと、ようやく明けてきたのを頼りにして、懐紙に

「右の者、餓鬼患者につき、かくのごとく斬首そうろう事、

 死骸の儀はよろしくお取り捨てくださるべくそうろう。

 尚、役割をしているもの以外 決してさわるべからず

 赤穂浅野家 堀部安兵衛」

 そう書いてそれぞれ二遺体の帯に、文字が見えるように挟んで、松の根方へ寄りかからせた。

 亡骸には、言付けを書き添える…。

 この一晩中、彼らがやってきた作業である。  

 郡兵衛は斬られて飛んでいった職人の「額」部分を、遺体の側まで折れ枝でコロンコロンと転がしてきた。

「あーばよ。きーばよ…。か」

「また、斬ったな。」

 と、安兵衛が諫めるように言う。

「うむ。のざらしにしておけば町方が来る前に、タヌキかカラスの餌食だな」

「そういうことを言っておるのではない」

 安兵衛は死んだ勝助の代わりを、自分の家来に託した。

 書付を渡しながら

「善三郎。大儀ですまんが、できるだけ宿場中央を避けて江戸まで走れ。この書状を持って、御囲いのことを赤坂の下屋敷に知らせ、助勢をできるだけ大勢たのむのだっ」

「へい」

「道すがらのろまがいて、それがたとえお前の見知った顔でもけっして構うなよっ」

「おまかせください。委細、心得ましてございますっ」

 はじめから自分にいいつけてほしいと思っていた善三郎は、死んだ郡兵衛の小物よりも十ばかり若かった。

 健脚を自慢にしており、待ってましたとばかりに書類を受け取ると、猿(ましら)のように、すばしこく飛び跳ねながら、揚々と坂を駆け下りていく。

 のろまと言われるだけに、緩慢な憑依者たちは、敏捷な人間を捉えることはできない。

 安兵衛は頼もしく思って、背中を見送った。

 

 

 宿場は、東西に走る大きな通りに面して、何十軒と宿屋が並んでいるが、どこもピタリと木戸を閉めきっている。

 道には人っ子一人いないが、あちこちにてんてんと、死骸が転がっていた。

 どの亡骸も御囲いの寝間着姿だ。

 そこかしこから念仏や銅鑼、太鼓や鉦の音、赤ん坊の鳴き声などが聞こえてくる。

 そこにフワフワと、ときどき煙が漂い、三人を包むのだが、それが悪い夢でも見ているような、前日に通りかかった時とは、同じ宿場とは明らかに違う、この世のものとは思えない異様な光景だった。

 安兵衛も郡兵衛も息を呑んだ。

 

 宿場の一番手前の、うすぐらい木戸番小屋を覗くと、もぬけの殻。

 安兵衛は、土間に放り出された突棒を拾い上げると、中間の新吉に黙って渡した。

「え」

 という顔で新吉は、安兵衛の顔を見たが、特別な言葉はかけてくれない。

 新吉は生きている心地がしなかった。

 安兵衛は宿場に漂う殺気をうかがいながら、あらためて表に出てあたりを睨みつけている。

 風とともに流れて向かってくる煙が幕となって、ときどき視界を遮り、寝不足の目に染みる。

「内藤家の屋敷はここをまっすぐだ」

 安兵衛は、こんな大事になるのなら、はじめに通りかかった際に、役場なり内藤家に、注意を促しておけばよかったと悔やんだ。

 しかし、明らかに御囲いから抜けだしたと見えるのろまが、遠目に何人も見えたので、それを宿場に近づけまいと気が急いたのと、なによりこの宿場とて、町方や宿役人がいて丸腰でもあるまいと、その時は判断したのだった。

 三人はなんとなく、宿場の奥の方へ向かって歩き出す。

 通りかかった町屋の表窓の格子ごしに、中から安兵衛たちに声をかける者がある。

「旦那がた!火の手は二丁場ばかり先に行ったところでございます!」

 ふたりの風体が、火事装束に見えることから、火の手の報告をしてくるものがいる。

「まかせておけ。みな家を出てはならんぞ!」

「取り憑きものがいるところを申せ!見たものはおらんのかっ!」

 どこからも返事がない。

 

●<小説「怪異談 忠臣蔵」06はこちら

小説「怪異談忠臣蔵」08はこちら>●

 

++++++++++++++++++++

〜解説〜

 

空前のパロディ小説。

 

「槍の郡兵衛」だっつってんのに、前の回で、大刀振り回しております。

あしからず。(*´ω`*)

 

更新はだいたい、土曜日とか日曜日です。

 

どうぞごひいきに!

 

 

もりい

| もりいくすお | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kusuya.net/trackback/1015
トラックバック