CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
CONTENTS
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 定番 | main | 叶わぬ?夢(おしばいについて) >>
子供に見せる忠臣蔵

ただいま赤穂の田淵記念館で開催中の「大石内蔵助の美」展の
オハナシをしようと思って、ネット検索してたら
赤穂市文化とみどり財団さんのPDF記事にぶつかって
つらつら読ませていただいておりましたら、
お子供衆に歌舞伎を体験してもらうという企画があったそうで
ちょっとしたワークショップと、十段目を見るという
内容だったそうです。

イイ企画だなーと思ったのと、
掲載されてるこどもさんたちの感想を興味深く拝読。



十段目なんだあ。
と、
思ったものです。

落語じゃあ「四段目(蔵丁稚)」も「七段目」でこどもが楽しんでるけど
平成のビギナーのこどもさんたちに初めて見せる忠臣蔵歌舞伎なら
話のわかりやすさとか、義士も出てくるし、ヒトが死なないし
ん〜、なるほど十段目なのかなあと。

運営に携わった方が、なぜ十段目にしたかを
あれこれ想像すると楽しくなりましてブログネタにさせてもらいました。





ほんとは
十一段目ならアクションもあって楽しいし、こどもも喜ぶと思うけど、
演れるひとがいなさそうとか、なんかいろんな意味でハードルが高そう。

意味がわかんなくても大序とかは目の保養で精神的にいいかなと思いますが、金がかかりそうだし、セクハラシーンがあるしなあ。
て、かんがえると、
こどもさんたにち見せた十段目も、アホ丁稚の伊五のシモネタや
天河屋の復縁のくだりとかはカットしたのかなあ。


歌舞伎じゃないけど自分が子供のころに初めて見た忠臣蔵
「赤穂城断絶」は
いま思い返すと、ちゃんとストーリーを理解して見ていたかあやしいが
印象に残ってるのは意外に松乃廊下だったりするんですな。
あと、最後の、錦之介が切腹に向かうと、さっきまで一緒にいた人達が
みんな棺桶になってるとこ。
でも、終始、飽きなかった気がする。

こどもにオススメはどの忠臣蔵ですかなあ。
(って、どういう子供にどういう状況で見せるかにもよりますがな)




| もりいくすお | - | comments(10) | trackbacks(0) |
コメント
十段目ですか〜きっと人を斬るという暴力行為や自ら腹を切ると言う行為等がまだよく意味を理解できない子供に悪影響を与えるのではないかと考えたのではないでしょうか?今の世の中、本当厳しい世の中になってしまったものです。しかし、それでも子供たちに忠臣蔵の世界に触れてもらおうと言う企画がある事にとても安心しました。こういった取り組みは是非とも続けてもらいたいものですね。
さて、昨日家族でホームセンターに行った際店内はクリスマスグッズの販売をしており、妻が子供に「クリスマスのの季節だね。」と言っているのを聞き、心の中で「忠臣蔵の季節でもあるよ・・・」とつぶやいてしましました(笑)さらに、みんなで楽しもうクリスマスと書いていろいろグッズが置いてある場所を見て、みんなで楽しもう忠臣蔵と書いて、サンタさんの衣装の代わりに討ち入り装束や陣太鼓なんかおいてあったら興奮するよね〜と勝手な妄想を繰り広げておりました(笑)
| てんろう | 2011/11/15 6:04 AM |

子供に見せる忠臣蔵ですか〜
アニメ作品では過去いろいろ作られており、最近(と言っても10年以上前ですが・・・)でもクレヨンしんちゃんや戦隊ものでやっていましたよね〜きっと今の時代でもなんとかして子供に忠臣蔵の世界を感じて欲しいと願う大人がいるんだから、いっその事子供向けの忠臣蔵を作ればいいのに・・・と思っております。
しかし、いざ作ると言っても子供にどう理解してもらうのか工夫が大変そうですよね。
| てんろう | 2011/11/15 6:22 AM |

こども、ってもやはり二桁にはのってないと厳しかろうと思いますので、その前提で。
歌舞伎なら、やはり五六段目でしょう。全部わかる必要はなくて、むしろ歌舞伎の雰囲気に触れる目的。
オリジナル演劇ならほどよい長さで定番に近いものを。猛犬連隊の面々が少年倶楽部の読者を招待した公演(という設定の漫画だけど)が参考になるでしょう。
でも、やっぱり講談に触れてほしいな。義士銘々伝から適当なやつを児童向けにアレンジして。
| ゆらおに | 2011/11/15 7:56 AM |

赤穂市内の小学校の取り組みは、義士教育を復活させる動きです。現教育長は、義士に理解のある人なので、学校の先生に忠臣蔵検定を受けるよう指導したりしてます。

主な小学校での取り組みは次のとおり

赤穂城西小学校・毎年12月に忠臣蔵の劇を6年生が演じる
もちろん、一般公開

赤穂小学校・先生が四十七士の並べ歌をつくり、全校生徒が四十七人全員の名前を暗記できるようにしている。

尾崎小学校・学校内階段に四十七士の名前を蹴込の部分に貼り付け、階段を上がるたびに名前が見えるようにしている

有年小学校・忠臣蔵コーナーを校舎内に作り、時系列がわかりやすく展示している。

塩屋小学校・6年生が忠臣蔵検定を受験する

他にも10小学校それぞれが、義士教育を実践しています。

あと全小中学校に、わたやの四十七義士画を寄贈し、すべての学校に飾って頂いてます。

赤穂市内の学校は結構本気ですよ!!
| やんぱんまん | 2011/11/15 8:15 AM |

ああ、社長、太っ腹!
して、して、それはゆるズですかな?(な訳ないか)
赤穂市教委の方針にケチつけるわけじゃないけれど、学校でやった途端、どんなに面白いことも、つまらなくなるという経験則がありますし、モンペも多数出現する昨今の様子からすればあまり先生方に負担かけるのも考えものですな。
それより地域のそこここにやんぱんまんみたいなおじさんがいて、こどもらに熱く(しばしば暑苦しく)語ってくれるような状況がいいと思いますよ。
| ゆらおに | 2011/11/15 11:53 AM |

あ、しまった。敬称が落ちちゃった。ごめんなさい。
| ゆらおに | 2011/11/15 12:09 PM |

ゆらおにさん!!

それがですね、城西小学校なんて、子供たちがめちゃくちゃ喜んでやってるんですねー!!しかもチョー真剣なんですよ!今までは、学校で取り組みすら行わない(学校を取り仕切る日○組たる団体のせい)で、ここ数年間は、放置プレーのような状態でしたから、ボトムアップというところでは、なかなかいいのではないでしょうか。
まちの中に、わたくしみたいなオッサンがあふれるような状態にするには、まず若年層から養殖をしていくような動きが必要ですねー。20代、30代は、まさに空白状態ですからねー
20年計画ぐらいで進めないといけないのかもしれませんね
| やんぱんまん | 2011/11/15 12:20 PM |

てんろうさん
心の中ばかりでつぶやいてる様に機微を感じます。
ふぁいてぃ〜〜ん!!
(#^o^#)
| もりいくすお | 2011/11/15 12:46 PM |

ゆらおにさん
5〜6段目とは刺激が強そう w。
昭和のこども向きかなあ。父兄がなんか言ってきそう。
でもいのししがかわいいからいっか。

そもそも歌舞伎を見せようというコンセプトはこどもの感受性をどういうビジュアルを当てて刺激しようかってハナシなんでしょうから、派手なのがいいかもですな。
| もりいくすお | 2011/11/15 12:56 PM |

やんぱんまんさん
すばらしすぎるっ!!!
「地元」なんだからそういきたい!!
郷土愛は積極的に地元のオトナが育んでいただきたい!
なるほど、先生がよく知らなかったりするわけですかい〜。
だから「検定受けろ」か。
検定むずかしすぎる(マニアック)から、ビギナー用の検定をやんぱんまんさんが作ってくれるといいなあ。
| もりいくすお | 2011/11/15 12:59 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kusuya.net/trackback/433
トラックバック