CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CONTENTS
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 安兵衛真観と新発田(春) | main |
ゴールデンウイーク忠臣蔵

こんじつわ!

(©滝沢カレン)

 

今年のゴールデンウイークはなぜだかチョボチョボと、忠臣蔵、赤穂関連の番組にご縁がありました。

楽しかったことよ。

このたびはひとつそれらをご紹介。

 

そのまえにまず、前から決めてたんですが

連休中に「四谷怪談」イッキ見しました。

ひと作品も忠臣蔵と絡んでませんでしたがtehease2

よろしかったらレビューをどうぞ。>●

 

 

▲これは長谷川一夫「四谷怪談」('59)

 

「修羅」に「塩冶さまあ!」と(数右衛門が、だったかな)

叫ぶシーンが有りますが、あのくらいでいいから

忠臣蔵を、からめられねえもんかなと思った。

 

 

 

ふたつともえ

 

5月1日(月曜日)

 

「忠臣蔵うら話 仲蔵狂乱」ホームドラマCH

 

こんな番組の放送があって、たまたま見つけて録画〜!

油断も隙もあったもんじゃありません。

 

落語でお馴染みの「中村仲蔵」を映像化。

しんのすけ時代の海老蔵が仲蔵を演じています。

 

 

▲勝手をやって作家に怒られてる仲蔵。

 

 

 

ふたつともえ

 

5月6日(土曜日)

 

「池波正太郎の江戸料理帳」時代劇専門CH

 

小説「堀部安兵衛」から

内蔵助が70歳のお祝いに弥兵衛に送った

牛肉の味噌漬けを再現。

 

 

▲く〜〜っあたしだって今日「くいしんぼう」で

 安いステーキランチたべたもん!NAKI--WARAIase2

 

笹野高史と草刈正雄が舌鼓。

 

 

 

ふたつともえ

 

5月6日(土曜日)

 

「まんが日本史」ヒストリーCH

 

 

▲#44 士農工商〜身分制度の確立と元禄文化〜

 30分番組の中の一部に赤穂事件が…

 

 

初めてこの番組見ましたけど

けっこうていねいにスクリプト作ってる感じですが

なにせセル画時代のアニメで、毎週やるのがきつかったのか

絵柄が相当急ごしらえな印象。

 

 

 

ふたつともえ

 

5月6日(土曜日)

 

「毎日がスペシャル!」BS-TBS

 

これは番宣なんですけど、

13日の18時半から三波春夫の「大忠臣蔵」を若手演歌歌手がやるそうで。

すごくコンテンツがあるけど、どれをやるのかな。

 

 

▲まあ、「赤垣源蔵 徳利の別れ」とかは

 無いだろうなあ。…無いか?早く見たい。

 

 

 

ふたつともえ

 

そういえば今日見たよしもと新喜劇の中で

浅香あき恵が青野敏行に

「わたしアオちゃんの「俵星玄蕃」すきやねん」

というセリフがさらっと入っておりましたhato

 

5月4日(みどりの日)に放送のあった

「ニッポン縦断こころ旅」BSプレミアムも

入れようかと思ったんですけど、

火野正平の自転車散歩番組。

赤穂市でくくられてましたけど・・平福・・

いくらなんでも忠臣蔵ブログで取り上げるのは乱暴かなと。

 

 

とっぴんぱらりのぷぅ

| もりいくすお | - | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
最後のはこのコンサート(各地で巡演)の記録ではないかと思われます。

http://www.min-on.or.jp/sp/play/detail_12223.html
| ゆらおに | 2017/05/11 6:41 AM |

おにさん
あははは!これだぁ!おにさんなんでもめっけちゃうんだなあ(笑)!
あ、ライブでは「徳利」やったんですね。へえ!
楽しみ楽しみ!
ありがとうございました!
| もりいくすお | 2017/05/11 7:05 AM |

 池波正太郎のは何年か前にやったものですね。
 ちなみに弥兵衛が食した近江牛の味噌漬けは現在でも彦根のお土産品として売られています。
 昔、買いましたが、うまかったです。味噌は京都の味噌なので、そのまま味噌汁に使ってもいいそうです。
| 山三 | 2017/05/12 11:36 PM |

山三さん
あっそうなんですね!
道理で草刈正雄がゲストなのに「真田丸」に一切触れてない。
池波原作の「真田太平記」がテーマの料理についてのコンテンツであるにせよ違和感がありましたんでもしやと。
彦根におみやげであるのかあ!(じゅるっ)
| もりいくすお | 2017/05/13 6:52 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kusuya.net/trackback/978
トラックバック