CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CONTENTS
ARCHIVES
CATEGORIES
<< トークショー顛末 | main | やまがた忠臣蔵(2) >>
やまがた忠臣蔵(1)

やまがた忠臣蔵(1)


 山形県の酒田市・黒森には、県指定民俗文化財「黒森歌舞伎」という地芝居がございまして、今回『高田馬場十八番切』が上演されるということで見にお出かけ。

 で、せっっかく山形県なら、こりゃもう忠臣蔵ファンといたしましては吉良上野介息子を養子にやった上杉家とその関係者」のお墓参りするでしょう!ということで、米沢〜酒田というひとりツアー計画を立てました。
 討ち入りの夜、自分のお父さん(吉良)が夜襲にあってるから出動しようとする上杉綱憲を家老・千坂兵部(とか色部又四郎)に止められる、あの名シーンのおふたり。そして吉良邸で赤穂浪士に立ち向かう上杉の派遣社員が眠っております米沢。

 結論から申し上げますと、これからご覧頂きますのはおそらく忠臣蔵ゆかりの地を散策したブログが数多くあれど、これほどまでにビジュアル的に抜かりのある内容は無い!という墓参りの顛末でございます。
 これも、このブログならではのことでございまして、3月頭に北国に行くとどうなるかを堂々と道程をご報告するものであります(笑)。







 出かける前に米沢から酒田までの道のりを乗り換え案内で検索したら「新幹線〜在来線」という結果が出て
「いやいやいや。県内を新幹線で移動とかありえないから。また操作ミスをしちゃったかな。」
 と、笑いながら混乱したので、やまがた観光情報センターさんに直接お電話。
 列車の本数や連絡のことを考えるとレンタカーが良いだろうということに。

 で今回、旅の計画中にたまたま別件でラインのやりとりをしていた後輩M(忠臣蔵ノンケではありますが旅好き)が道連れでございます。
「そういえば週末に米沢行くけど、行きます?」
「いきまーす」
 という、気まぐれもいいところの成り行きでしたがこれが結果的に大助かり。一人旅もいいですが相棒がおりますと知恵を出しあえてようございます。特にクレバーで体育会系のMは勘も良く、食事の趣味も合うし喜びと愚痴のセンスもリンクいたしてましてまことに居心地が良ろしゅうございました。東京駅で待ち合わせていざ、米沢へ(約2時間で到着)

 さて、3月頭の米沢にはまだ雪が残っており、…「残っており」と言っても東京者の言う日陰の白いショボいのとはほど違い、ミルフィーユのようになった分厚い身長くらいの雪(とか、腰の高さや山盛りや、いろいろ)が、乗用車をおしつぶしてたりいたしております(こわかった…)
 駅前にある、波止場で船をもやってるビットみたいなオブジェはなんだろうと思ったら、あとで神社にも似たのがあったんで聞いたら「雪灯篭が溶けたもの」だそうで。ミルフィーユがそのくらいの「雪溶け具合」とご想像いただきましょう(わからんわ)







 昼に到着いたしましたので、予約したレンタカーをゲトりましたらさっそく腹ごなし。せっかくですからランチはもちろん「米沢牛」ですね!
 参りました駅前の「べこや」さんに入ると、お女中がたまったま渡してくれた下足札がなんと「四十七」。なんだかこりゃあもう、できすぎためぐり合わせじゃないですか!?ここですっかり上機嫌。









 おでかけルートは画像の通り。
 ひと通り回ったら、その足で酒田へ行く計画。
 色部さんのお墓だけは最寄りが違うので、またの機会にすることにいたしました。







1
 まずおじゃましたのは、映画「赤穂浪士」では大石内蔵助の好敵手=千坂兵部さんのお墓。駅からほど近い日朝寺さんを訪ねます。
 とにかくお寺さんがたくさん集まっております界隈(直江兼続がお城整備した際に寺町を作ったとか)にある千坂家の菩提寺・日朝寺さんはなかなか構えが立派でありまして、…でありますが、それはそれとしてやはりまだなかなか足元が悪い。この日は格別に晴れ晴れしておりましたので上からは総門やら周囲の樹木から雪解けのしたたりが。









 入ってすぐに「千坂家の墓」と看板が出ておりまして、見回すと千坂兵部さんの表示も!
「おお!千坂様!」
 墓に近づこうと致しますが雪のことですので足をズブズブと取られ、思うように進めません。カンジキがほしい!
…で、





…どっちが千坂兵部様の
お墓なんでしょうか!?






とりあえず、両方に手を合わせてまいりました。




▲ズブズブズブ・・・



2
さて、つぎは吉良上野介の奥方、富子さんのお墓参り。





…が、わからない。


 南無三宝!完全な雪解けを待たずに墓参りに来れば、北方ではこのようなことになるのかっ!

 以上。法泉寺さんでございました。



 〜これこそが冒頭で申し上げました
 「ビジュアル的に抜かりのある内容」でございます。
こんなかんじでまだ、続きます。



3
 続いては上杉家のご廟所(びょうしょ。米沢藩主代々のお墓)上杉綱憲のお墓参りでございます。
 綱憲さんは実のおやじの吉良上野介の借金を肩代わりしたりするんで、ドラマなんかでは上杉家代々の家老・千坂兵部が「いやだなァ」という態度の演出の時がございます。






▲上杉謙信を奥に12代目まで整然と並ぶ廟屋(びょうおく)。


▲綱憲さんのお墓の前は雪をどけてございました。



 討ち入りから2年後に42歳の若さで病死。
 米沢藩の財政を傾かせたみたいなイメージですが実際は諸説あるようでございますね。
 真相はともかく、現地では立て直しをしたと言われる上杉鷹山のほうがありがたがられてるようすで、そこかしこに彼の「なせば成るなさねば成らぬ何事も 成らぬは人のなさぬなりけり」という文字が目立ちました。(下の句にナセルはアラブの大統領。というのが昭和生まれには有名です。)




▲閉鎖中の資料館。



 受付さんが資料館は春まで閉鎖中だという。
 お参りできるお墓が限られて、資料館は見られないけど、入場料は変わらず(要確認)350円です。ぜんぜんオッケーです。はい。



4
 で、ですね。
 お次が、林泉寺さんに眠る新貝弥七郎さんのお墓。
(上杉家、直江家の菩提寺)





▲…が、どこかに!



5
照陽寺さん。
 ケガだらけで赤穂浪士に立ち向かった山吉新八郎さんのお墓。





▲…は、いずこに!



 ああ、どこらへんかなあ。

 もう、後輩Mと笑けてまいります。
「ああ楽しい!なんにも見られないや!」



 新幹線の車窓からドカ雪が見えた時に一番心配したのは「道」でありましたが、到着して駅前に出てみるとその心配はすぐに解消され、それよりも史跡めぐりをしたい人間が一番心配すべきは雪が積もっても構ってもらえない、インフラと関係ない場所=墓地なのでありました。

 これはつまり、身内にご不幸があってもその季節によってはホトケさんは納骨の「待ち」があることなのでございましょう。
知らないことってたくさんあるものでございます。



6
 最後は米沢城跡にございます上杉神社内の福徳稲荷そばの
 「赤穂事件殉難追悼碑」。






▲討ち入りに応戦したお侍もさることながら、その後に病死した上杉綱憲やその正室、吉良の娘や左兵衛など関係者の死にも触れ「赤穂浪士事件のために上杉家の不幸 後年におよぶ」と結んでいる。



 これに手を合わせまして、4月まで見られない宝物館(三左衛門さんが「大太刀とかが見られますから絵の参考になりますぞ。」とおすすめしてくれていた)の外観だけ見て境内を出ました。




▲雪がおっかぶさってなくても、この時期は
「春までは見られない」あれこれを覚悟。



 余談ですが宮坂考古館というところにも義士が吉良邸に脱ぎ捨てたと言われる鎖帷子があるそうなんですが問い合わせたらこれも現在非公開。(もっともこちらは季節とは関係が無いようで)


 この時点で15時すぎ。ちょうどおやつの時間ということで売店で濡れおかきを買って食べ。舌鼓を打ちながらも上顎におもいっきり血豆を作って、そばにあった「米沢ラーメン」という看板に引きつけられて暖簾をくぐる。




▲頭の中にあるもっともオーソドックスな形の「醤油ラーメン」がおそろしいほどパーフェクトに再現されている。
このところずっとこの種を食べたいと思って巡りあえずにいたのでまじ卍すごく高まった!



さっもう、

酒田に向かいましょう!








 さ〜これが遠かった。
 山形県の形は知っておりましたが、うかつにも大きさを捉えてなかった。
 県内移動に新幹線を使うという乗り換え案内の結果はミスでもバグでも無かったんですな。165キロほどあってこっちの事情で言うと東京から富士山と清水港の間くらいまでいけちゃう走行距離です(要確認)




▲めっちゃスッポリ東京都横断!
&トンネルであります。
「ラーメン食っといてよかったね」がふたりの口癖に。



 地元の山形放送を堪能しながら4時間ほどかかって(有料道路だったらもっと速い)鶴岡(酒田のとなり)に。
 なぜか酒田のビジネスホテルは満杯だったので、泉岳寺周辺の景観を傍若無人にアレしている●パ・ホテルさん鶴岡に宿泊。あたしには初アパです。
 いろいろそつがない、良い居心地でございました。

 フロントのおじさんにうかがって近所で魚料理をつつきながら一杯やって解散。



 以上、米沢藩「その1」(「その2」はいつか雪の無いときに)のご報告でございました。

次回は
 
| もりいくすお | - | comments(8) | trackbacks(0) |
コメント
「いえ、父上をお守りするには米沢にお越し頂くのが一番だと千坂も申しておりますので…」
「いやじゃ、いやじゃ。雪深い米沢などに引っ込むくらいなら、浅野の浪人どもに首を取られる方がましじゃ」
| ゆらおに | 2018/03/08 10:23 PM |

おにさん
そーそー!最近のキラさんはそういうご分別でらっしゃるけれど、失礼しちゃうわね(笑)!
| もりいくすお | 2018/03/08 10:41 PM |

米沢もサミットメンバーですからね、大河化のあかつきには、牛肉やラーメンを宣伝したげて下さいな。
| ゆらおに | 2018/03/08 11:21 PM |

おにさん
サミットといえば、今年のサミットであたし登壇してちょっぴりしゃべることになりました。
ほうぼうの旅行の感想を、角が立たないようにwお話しようかと思っております。
| もりいくすお | 2018/03/08 11:42 PM |

あらま、さりげなく重大発表。
今年のサミットはどこでしたっけ?
| ゆらおに | 2018/03/09 6:30 AM |

おにさん
三次なのでございます。
また行けるってもう、それだけでうれしくて!
| もりいくすお | 2018/03/09 10:13 AM |

真夏、ではないですよね(笑)。
| ゆらおに | 2018/03/09 7:16 PM |

おにさん
あはははは!
でもね、7月ですっ
| もりいくすお | 2018/03/10 12:44 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kusuosan.jugem.jp/trackback/996
トラックバック